白斑

尋常性白斑とは

尋常性白斑とは、何らかの原因で皮膚の色が抜けて白い斑点ができる後天性の病気です。一般的には人口の0.5~1%程度の頻度で生じ、比較的よく認められる病気で、人種間に差は無いといわれています。
皮膚の内部にあるメラノサイト(色素細胞)は、メラニン色素を産生し紫外線から細胞が傷つけられないようにする役割を持っていますが、その減少、消失により皮膚の色が白く抜けていきます。先天的にこのメラノサイトを合成できない方もいて、これは先天性白斑と呼ばれ、原因が異なります。白斑ができる場所としては、皮脂が多く出る部分や手足の外からの刺激が加わりやすい部分、腰、腹、皮膚が擦れやすいところにでるケースや、神経の通り道に沿って身体の片側のみに白斑が出てくるケースが報告されています。

原因

白斑があらわれる場所によってもある程度傾向があるとはされていますが、白斑の根本的な原因は特定されていないのが現状です。

  • 自己免疫作用によるもの
    過度なストレスにさらされることで、自己免疫になんらかの異常が生じて白斑が発症すると言われています。過剰になった自己免疫作用が、メラニン色素を形成する細胞を自ら破壊し、機能低下を引き起こす(色がぬけてしまう)ことが原因と考えられています。

  • 神経の異常によるもの
    神経の支配領域に一致して症状が現れることがあることから、白斑がみられる場所に何らかの自律神経に異常がある場合に発症すると言われています。

  • 遺伝によるもの
    家族に白斑が発症している場合、20~30%の確率で遺伝する例が報告されています。

治療法

神経支配領域に生じた白斑と、体表面積2~3%以下程度の範囲の場合は副腎皮質ホルモンもしくは免疫抑制剤(タクロリムス軟膏)や活性化ビタミンD3の外用が第1選択です。15歳以下の顔面には活性化ビタミンD3の外用、露光部位以外は免疫抑制剤を選択するのですが、部位と年齢等を考えて治療の選択肢が異なります。なお、免疫抑制剤や活性化ビタミンD3の外用は効果が実証されていますが、保険の適応はありません。
また、神経支配領域と関係ない場合や体表面積辺り3%以上の場合は全身照射型のナローバンドUVB照射治療(紫外線照射治療)が15歳以上では第1選択となります。おおむね3ヶ月以上9ヶ月未満の範囲で紫外線照射治療を行います。
難治性、進行性の場合はステロイド全身療法や植皮術その他の療法を選択することもあります。

注意点

・光線過敏の人のみならず、白斑がある方は外出時に日焼け止めの使用をお勧めします。
・中年期以後にみられる白斑症状の原因としては、全身疾患の関連が濃厚といわれています。

よくある質問

尋常性白斑は日本でどれくらい患者がいるのですか?
厚生労働省(平成23年度)によると尋常性白斑の推定患者数は153,000 人とされているようです。

TOPへ