診療時間・休診日

042-398-7677 042-398-7677

MENU

赤ら顔・毛細血管拡張症

赤ら顔とは

赤ら顔には種類が様々あり、それぞれ原因が違いますので、対処法も様々です。
大きく分けると、「血管の拡張による赤ら顔」「血流の増加による赤ら顔」の2種類です。
外用剤や内服剤で改善する場合、血管そのものに問題がある場合がありますので赤ら顔を治したいと感じた方はまず受診されてどのタイプの赤ら顔なのか判別する必要があります。

原因

皮膚が薄くなることで、毛細血管が透けてしまうタイプの赤ら顔です。皮膚の薄くなる原因としてはゴシゴシと顔を洗うような間違ったスキンケアや、誤った外用剤の選択、ストレス、加齢によるホルモンの減少などがあげられます。多くの場合、外用剤や内服剤の治療により改善が期待できますので、一度当院にご相談ください。
血流の増加による赤ら顔に関しては、寒暖差の影響や精神的な要因が大きいとされています。
また、この2つの他にニキビによる炎症が原因なこともあります。

治療法

治療でお勧めできるのは2点あります。1つはレーザー治療の「ジェネシス」です。ジェネシスは、ロングパルスNd:YAGレーザーというレーザー治療器を美肌再生用にプログラミングして治療を行うレーザー治療です。1秒間に7~10発のレーザーを照射することで、真皮乳頭層を加熱し、コラーゲンの増生を促します。その結果、肌のキメ、ハリを改善させ、真皮上層部の微細血管も加熱するので、赤ら顔の改善効果があります。照射中の痛みがほとんどないので、痛みがご心配の方にも安心して治療を受けていただけます。また、ダウンタイムがないため、治療終了直後からメイクをしてお帰りいただくことが可能です。
もう1つは漢方内服治療です。状況によって数種の漢方内服にて治療します。

注意点

  • 肌の状態が悪いと赤ら顔が悪化するので、普段からのスキンケアをこころがけましょう

よくある質問

次の日から仕事ができますか?
治療によって異なりますが、レーザー治療の場合は当日に洗顔、メイクも可能になります。
最近顔の赤みが強くなり、痛みが生じてきました。
当院のレーザー治療で回復が見込まれます。痛みも少なく、周囲の肌を傷つけることなく治療する為、術後の痛みも少なくなります。

TOPへ