乾癬

乾癬とは

乾癬は炎症性角化症に分類される、慢性の皮膚疾患です。経過が長く、完治が難しい皮膚疾患でもあります。乾癬は頭や顔、体や手足など、全身どこの皮膚にでも発症します。乾癬の皮疹は皮膚に境界明瞭な赤いブツブツができ、その上に白いふけのような鱗屑が覆うように発生します。日本での有病率は0.1%と考えられ、男女比は約2:1と男性に多い傾向があります。一方米国では有病率は約3%との報告があります。
乾癬を発症すると皮膚の新陳代謝のリズムが通常より10倍以上早いサイクルで行われるようになるため、不完全な皮膚が次々に積み重ねられていき、厚くなった皮膚の最上部の角質が鱗屑となって、体からポロポロと落ちていきます。
乾癬ができやすい部位は継続的に機械的な刺激を受けやすい頭部、肘・膝、臀部、下腿伸側などです。青壮年期に発症することが多く、多発しますが内臓に影響はありません。かゆみは約50%の患者さんにみられます。
乾癬は症状によって5つに分類されます。

  1. 尋常性乾癬:全体の9割を占めます。
  2. 滴状(てきじょう)乾癬:扁桃腺炎に雨滴状の小さな皮疹ができる
  3. 乾癬性紅皮症(こうひしょう):発疹が全身におよぶ
  4. 膿疱性(のうほうせい)乾癬
  5. 関節症性乾癬:爪の変形や関節炎を伴う

原因

乾癬は多因子遺伝性皮膚疾患と捉えられています。乾癬の起こる原因はいまだ完全にはっきりとしていませんが、遺伝的な乾癬が起きやすい体質に、扁桃腺炎(へんとうせんえん)などの感染症、薬物、外傷などの外的因子や、肝臓病や糖尿病、肥満ストレスなどの内的因子、不規則な生活や食事などの環境因子が複雑に絡み合って発病したり、悪化したりすると考えられています。日本では第2次対戦後に増加した病気であり、もともと欧米人に多い病気であることから、食事の西洋化が関係しているのではと類推されています。欧米での頻度が高く、家族内発症が20~40%と高率であることが知られています。ただし日本では家族内発症頻度は5%前後と欧米に比べずっと低率です。

治療法

乾癬の治療は外用療法、内服療法、光線療法、生物学的製剤の4つが主で、これらを症状にあわせ適宜選択もしくは併用します。外用療法としての活性型ビタミンD3外用剤は、中等度以下の乾癬治療において第1選択肢の薬剤です。乾癬患部の表皮細胞は活発に増殖していますので、この外用剤で病巣の表皮細胞の増殖を抑えて正常な皮膚に導き、皮膚の鱗屑や皮膚の盛り上がりの改善に効果があります。効果発現は比較的遅いのが特徴です。また、ステロイド外用薬は有用性が高く、現在も幅広く乾癬治療に用いられています。一般的に活性型ビタミンD3外用剤とステロイド外用薬は併用することが多く、最近では2剤の効果を併せ持った混合薬が広く普及してきています。
内服薬はレチノイド(ビタミンA誘導体)、免疫反応を抑えるシクロスポリン(免疫抑制剤)などを用います。レチノイドは有用性が高いのですが催奇形性の副作用に注意して使用します。
外用剤だけではよくならないときや、皮疹の面積が広くなった場合には光線療法を用います。光線療法は光源ランプを用いて紫外線の照射をします。光線療法に用いる紫外線には中波長紫外線(UVB)と長波長紫外線(UVA)を用います。光に対する感受性を高めた薬剤を内服もしくは外用して紫外線のUVAを照射する、「PUVA療法」があります。近年、一般的になってきたのが、UVBに含まれる有害な波長を取り除き、治療効果の高い波長のみを用いる、「ナローバンドUVB療法」です。治りづらい部位や光が届きにくいところの治療に有効な「ターゲット型エキシマランプ」も普及してきています。
これまでの治療に効果の見られない患者さんにはバイオテクにロジーを用いて開発された生物学的製剤が用いられます。注射と点滴の2種類があり、かなりの有効性が認められています。

注意点

乾癬患者には高脂血症、高血圧、痛風、糖尿病、動脈硬化症などのいわゆるメタボリック症候群の合併が多く、生活指導も重要です。

  • 和食中心のバランスのよい食生活、お魚、野菜、豆類の摂取につとめましょう。
  • 高カロリー食のとりすぎは乾癬を悪化させる可能性があります。
  • 夜更かし、睡眠不足がないように規則正しい生活につとめましょう。
  • 温めの温度で短時間入浴の習慣につとめ、ゴシゴシする洗浄は止めましょう。
  • 肉体的、精神的ストレスも皮疹を悪化させますので注意が必要です。
  • 適度な日光浴はおすすめめしますが、紫外線照射で逆に悪化する方もいるので過度な日光浴は避けて下さい。
  • 積極的に乾癬に関わる情報収集につとめましょう。

などです。乾癬の皮疹の存在自体のストレスもかなり高いと思われ、生活上禁止事項を数多く並べるのは患者さんの治療意欲や生活の質の低下を招く場合もあり、患者の社会性や価値観、性格等の要因も加味した指導をすることが大切です。患者さん同士の情報交換は重要で、結果として治療意欲の向上と精神的支援につながります。
近年、乾癬治療において患者さんの生活の質ならびに治療満足度を重視し、患者さんの立場に立った治療を行うことの重要性が問われています。基本的な乾癬治療はステロイド外用剤や活性型ビタミンD3外用剤を基本に、光線療法、レチノイドあるいはシクロスポリン、生物学的製剤とステップアップしていく方法です。さらに患者さん個々の治療計画は、皮疹の重症度、なども勘案した上で決定するのが望ましい。
特に「生活の質の障害度」、「患者の治療満足度」、「薬価」は患者側の評価として見過ごされやすいので注意を要します。

よくある質問

乾癬は他人にうつりますか?
他人にうつる病気ではありません。乾癬の患者さんは、発疹を見られるという意味で、周囲からの視線を意識して生活しており、患者さんの生活の質が低下しています。この病気がうつらないという情報を患者の周りの方は広めていく必要があります。
ひどいかゆみがある場合はどうしたらいいですか?
乾癬はかゆみを伴う発疹がでる場合があります。特に入浴、アルコールや香辛料の強い食事など身体が温まることでかゆみが起きる方もいますので、注意が必要です。かきむしってしまうと患部を悪化させ、傷による感染症の恐れがあるので、かゆみ止めの薬を処方します。あまりかゆみが強い場合は、他の皮膚病の可能性もあるので皮膚科を受診することをおすすめします。
乾癬はどのくらい患者さんがいますか?
欧米白人では有病率が約3%と高いのですが日本では0.1%前後で、10万人以上(1000人に1人)の患者さんがいると推定されています。男性では30代、女性では10代と50代で多いと言われています。

TOPへ