はしか

はしか(麻疹)とは

麻しんは麻しんウイルスによって引き起こされる感染症です。一般に小児期に多く好発年齢は1歳代が最も多く、次いで6~11力月、2歳の順です。近年では、10代、20代 の若年者間での感染が多く見られ、社会的にも関心を集めています。麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、その感染力は非常に 強いと言われています。免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。また、麻しんウイルスは、ヒトからヒトへ感染すると言われています。
感染してから10~12日の潜伏期の後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状、また結膜炎症状も強く現れます。2~3日熱が続いた後、39°C以上の高熱が数日続きますが、病気の経過中、いちばん感染力が強い時期です。その後、いったん解熱傾向を示しますが、すぐに耳後部付近から発疹が現れるとともに、39°C以上の発熱が数日続きます。発疹出現前後1、2日間に、口腔粘膜(臼歯(きゅうし)の横付近)に白い粘膜疹(コブリック斑)が現れます。この粘膜疹は麻疹に特徴的であるため、これを確認して麻疹と臨床診断されることがほとんどです。発疹はその後、顔面、体幹、手足に広がって全身の発疹となり、数日後、色素沈着を残して回復に向かいます。
また、肺炎、中耳炎を合併することが多く、1000人に0.5~1人の割合で脳炎を合併します。また、麻疫ウイルスに感染後、とくに学童期に発症することの多い中枢神経疾患として、亜急性硬化性全脳炎(あきゅうせいこうかせいぜんのうえん)(SSPE)があります。知能障害、運動障害、ミオクロ一ヌスなどの症状を示し、発症から平均6~9力月で死亡する進行性の予後不良な疾患です。SSPEの発症頻度は麻疹にかかった10万人に1人程度といわれています。

原因

麻疹ウイルスによる急性熱性発疹性のウイルス感染症です。感染力が極めて強く、死亡することもある重症の感染症です。主に小児期に罹る疾患です。

はしか(麻疹)の検査と診断

近頃ではウイルス学的な検査診断が必要と考えられています。急性期に採血し、麻疹に特異的なIgM抗体を証明することで診断されます。
急性期の血液や咽頭ぬぐい液、尿から麻疹ウイルスを分離し、RT-PCR法で麻疹ウイルスの遺伝子(RNA)を検出することでも診断が可能です。この検査は全国の地方衛生研究所(地研)で実施されており、麻疹を疑った場合は、保健所を通して地研に臨床検体を搬送します。地研での実施が困難な場合は、国立感染症研究所で実施します。急性期と回復期に採血して、麻疹ウイルスに対するIgG抗体が陽性に転じたことで診断する場合もあります。
2010年11月11日から麻疹は、可能な限り、麻疹ウイルスの直接検出(RT-PCR法 等)による検査診断を実施するよう求められているため、臨床診断したすべての医師が最寄りの保健所に7日以内に(できる限り24時間以内に)届け出ることが義務づけられていま す。

治療法

特別な治療法はなく、つらい症状を軽減するための処置(対症療法)が行われます。 合併症があればそれに応じた治療が行われます。

注意点

麻疹にかかっている期間中は安静にして、できることは対症療法だけとなり、必要な水分や栄養補給をしながら、自分の免疫力でウイルスを排除するのを待つしかありません。栄養に関しては、特にビタミンAの補給が症状を軽くするために有効であるともいわれています。 熱が下がっても2日間は周囲に感染させる恐れがあります。そのため、児童・生徒の方が 感染してしまった場合は、学校保健安全法で「解熱後3日を経過するまでの出席停止」と 定められています。

よくある質問

妊娠中の麻疹の予防方法はありますか?

麻疹は麻疹ウイルス(measles virus)による感染症で、麻疹は感染力がとても強く感染者が近くにいるとほぼ感染してしまいます。ワクチン接種により激減した感染症ですが、妊娠初期の頃に麻疹に感染すると30%ほどに流産を引き起こすといわれます。風疹のように先天奇形の増加はないようです。麻疹ワクチンは生ワクチンなので妊娠中は接種できません。 抗体がないかあっても低値であれば分娩後にワクチン接種をお勧めします。麻疹と風疹の ワクチンが一緒になったMRワクチンもお勧めです。

TOPへ