かゆみ

かゆみ・かぶれとは

皮膚のかゆみやかぶれは日常生活の中でもよくある症状ですが、放置すると治りにくく慢性化することや、ときには別の病気が見つかることもありますので、早めに皮膚科を受診してください。いわゆる「かぶれ」とは主に接触性皮膚炎です。接触性皮膚炎は大きく分けて、刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎とがあります。刺激性皮膚炎は皮膚に接触するそのものが持つ毒性や作用によって起こるもので、皮膚の状態による個人差はありますが、誰にでも起こる可能性があります。アレルギー性接触皮膚炎は原因となるものにアレルギーのある人だけが発症する皮膚炎です。

原因

  • 刺激性接触皮膚炎
    触れたものの刺激性や毒性によって誰でもかかる可能性があります。一般的に毛虫や昆虫の毒、強い酸性やアルカリ性の化学薬品などが一般的です。接触皮膚炎全体のおよそ80%を占めます。免疫反応に強く関連しない皮膚炎です。以下のようなものを含めて数多くのものが原因となり得ます。
    化学物質(酸、アルカリ、溶剤、金属塩)、石鹸類(角質剥離作用のあるもの、洗剤)、植物(ポインセチア、コショウ)、体液(唾液、尿)
    また、刺激となるものの性質(極端なpH、皮脂膜に対する溶解性)、環境因子(低湿度、高温、強い摩擦)、患者因子(体調、体力、幼児、高齢、慢性皮膚炎)が刺激性接触皮膚炎の発症しやすさに影響します。また刺激性接触皮膚炎から免疫反応を生じてしまうとアレルギー性接触皮膚炎に進展することもあります。
  • アレルギー性接触皮膚炎
    原因物質は人それぞれですが、植物(ウルシ・イラクサなど)食べ物(しょう油・山芋など)金属(クロム、ニッケル、コバルトなど)日用品(洗剤・化粧品など)外用薬(消炎鎮痛剤・軟膏など)
    また、光接触性皮膚炎と呼ばれる、特定の薬剤を肌に塗布した状態で紫外線に当たると、色素の沈着やかぶれが起きるケースもあり、紫外線も原因の一つとして挙げられます。

治療

適切な外用薬及び内服薬の治療をすれば、大半の皮疹は消退していきます。しかし、原因がはっきりしないときはしばしば再燃を繰り返してしまいます。

注意点

  • 原因を特定することが必要です、一度かぶれたことがあるものは個人の重要な医療記録として覚えていくようにしてください。
  • お酒やタバコはなるべく減らしてください。とくにアルコールはかゆみを悪化させやすく、また炎症を遷延させて湿疹・皮膚炎を治りにくくする可能性があります。

よくある質問

化粧品による接触皮膚炎とはどのようなものですか?
化粧品に含まれる、パラベン類やホルムアルデヒド等の添加物が原因となる可能性があります。また、パーマ剤やカラーリング剤が皮膚についた際に、接触皮膚炎を起こすことがあります。
食品による接触皮膚炎とはどのようなものですか?
料理人や農家、主婦など頻繁に食品に触る人に生じます。
原因として様々な食物によるものが知られていますが、マンゴーなどが一般的です。
また、嚥下する際に食物のトゲによる接触皮膚炎が確認されています。

TOPへ