乳児湿疹

乳児湿疹(にゅうじしっしん)とは

乳児期(0~1歳)にできる皮膚炎の総称です。乳児は一般的に肌のトラブルが多い傾向があります。代表的な理由としては、①皮膚が大人より薄く、外部からの刺激を受けやすい。②生後2~3力月までは皮脂が多く、それ以降は皮脂が減って乾燥しやすくなる。という皮膚のバリア機能が成人と比較して弱いことによるものです。
ただし、乳児湿疹は、小児アトピー性皮膚炎の初期段階である場合を考えておかなければなりません。また、生後まもなくの皮脂が多い時期に発生する、自然と軽快していく、乳児脂漏性皮膚炎という湿疹や、新生児ざ瘡というニキビ発疹との区別も大切です。乳児脂漏性皮膚炎と新生児ざ瘡は妊娠中おなかの中に赤ちゃんがいたときに母体から移行したホルモンの影響が残っていて皮脂の分泌が活発なために起こります。

治療法

まずは乳児期のバリア機能を考えてのスキンケアを行います。バリア機能を傷害する洗浄過多防止の指導と保湿剤としての「ヘパリン類似物質」や「ワセリン」でバリア機能を修復・補充することです。
具体的には強めの石けん洗浄やガーゼ洗浄を控えめにして、優しく洗い流すようにすることと軟膏療法を開始することです。軟膏療法には保湿剤を主体に使用し、それでも効果が出なければ弱めのステロイド外用剤を適宜使用します。

注意点

  • 入浴時は石けんを使用して、発疹部分を中心に優しく洗ってあげましょう。
  • 通常の乳児湿疹において、乾燥しているタイプは保湿ケアが重要となります。医師から処方された保湿剤を指示通りに塗りましょう。
  • 湿疹が出ている間、肌は弱くなります。入浴時や顔を拭くときも優しく丁寧にする必要があります。

よくある質問

乳幼児の乾燥肌はよくみられるようですが、小児皮膚科を受診したほうが良いのでしようか?
乳児期の乾燥肌のケアを行うことで、アトピー性皮膚炎の発症を低下させることができると言われています。また、乾燥肌や湿疹があると、その皮膚を介して食物アレルギーを引き起こす可能性があることが知られています。そのため、アトピー性皮膚炎や食物アレルギーを予防するためにも、やはり早めに小児皮膚科を受診し、適切な治療と正しいケアの指導をお受けになるよう、お勧めします。
子どもが汗をかいたら、どのようにケアしてあげるのが良いでしようか?
汗をかいた後は、シャワーで洗い流してあげるのが一番です。ただし、シャワーのたびに洗浄剤を使うと肌が乾燥してしまうので、ぬるめのお湯で流すだけで十分です。洗浄剤を使うのは、1日1回までにしましょう。洗浄剤を使う際は、たっぷりの泡で、手を使って優しく洗うのが基本です。

TOPへ