とびひ

とびひとは

「とびひ」は正式名称を伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)といい、大人に比べて皮膚が薄くて弱い乳幼児や小児に多く見られます。ときに大人もかかることがあります。
「とびひ」の症状は「水ぶくれ」と「ただれ」です。「とびひ」の水ぶくれは比較的破れやすいのですぐただれた「びらん」になってしまい、はっきり水ぶくれが確認できないことがあります。幹部は水ぶくれが破れてびらんになると、体液が出てじくじくしますが、その後乾燥することもあります。
「とびひ」は原因菌が引っ掻いたりすることで体の皮膚表面に広がる疾患で、火の粉が飛ぶようにうつると言い慣わされたことから「とびひ」と言われるようになったようです。

原因

黄色ブドウ球菌や、化膿性レンサ球菌によって引き起こされます。黄色ブドウ球菌はもともと人の皮膚表面に常在している細菌のひとつです。それらの細菌が皮膚の角質下に侵入することで発症します。
虫さされやあせもなどかゆみをともなう湿疹、皮膚炎をかき壊すと、そのかき傷が細菌の侵入ロになるため、「とびひ」は夏場の子どもに多く見られますが、室内が暖かい現代は冬にも「とびひ」は見られることがあります。

治療方法

抗生物質の外用薬単独使用で多くの場合は軽快しますが、範囲が広い場合は抗生剤やかゆみ止めの内服を併用します。治療開始後は比較的速やかに軽快しますが、時に最近の産生される毒素の影響にて皮膚剥離が全身に生じる全身性皮膚剥離症候群を生じることがあるので注意が必要です。

注意点

「とびひ」は伝染する病気です。自分にも周りの人にもうつします。
このため「とびひ」にかかったら、タオルや衣服は共有しない、むやみに患部をかない触らない、手洗いをしっかりする、入浴時に刺激の少ない石鹸や洗浄料でこすらないようにして泡でなでるようにしてよく洗う、などを心がけてください。
かかないことは、かき壊して「とびひ」にならないためにも大切です。かき壊してしまわないよう、手の爪もきちんと整えてください。
伝染性の疾患ですので、幼稚園・保育園の通園や水泳が制限されることもありますが、 その場合は医師や幼稚園、保育園、学校と相談し、指示に従ってください。

よくある質問

「とびひ」の予防はどうしたらいいですか?
特に夏場は毎日の入浴を心がけ、皮膚を清潔に保ちましょう。「とびひ」を発症させてしまった場合も、発熱などの全身症状がない限り、シャワーをさせ、泡だてた石けんで病変部をそっと丁寧に洗い流すことが大切です。ただし、兄弟姉妹がいる場合は、ほかの子ども達のあとで入浴させるほうがよいでしょう。入浴後は、滲出液などが周囲に接触しないように、患部に軟膏の外用、ガーゼなどの保護処置が必要です。また、衣類や寝具をこまめに取り替えます。タオルは家族と共有せず、使用後は洗濯をすることを、おすすめします。鼻の下から発症する膿痂疹をしばしば拝見しますが、鼻前庭(鼻孔からはいってすぐのところ)はブドウ球菌などの細菌の温床で、常在菌としてもブドウ球菌が証明されることもある部位だからです。小児には鼻孔に指を突っ込まないように指導します。手洗いの励行、爪を短く切り、かきむしって皮膚に傷つけたりしないようにさせることが大切です。
プールへ行ったり、水泳したりしてもいいですか?
自分の病変の悪化や他人への感染の恐れがあるため、プールや水泳は完全に治癒するまで は禁止です。これに関して、日本臨床皮膚科医会、日本小児皮膚科学会で共同の統一見解を出しています。

TOPへ