診療時間・休診日

042-398-7677 042-398-7677

MENU

帯状疱疹

帯状疱疹とは

帯状疱疹とは、ウイルスにより引き起こされる発疹と神経痛の病気です。まず、ピリピリとした違和感や痛みを身体のある部分の皮膚に感じるようになり、その後数日以内に、その部分に一致して皮膚に赤い発疹や水疱が出てきます。発疹は身体の左右どちらか片側にだけの、身体の半分を取り囲むような帯状のエリアに出てくるのが特徴です。この発疹の出現の形態から「帯状疱疹」という病名が使用されています。帯状疱疹の患者の数は年々増加傾向にあり、それは高齢者の発症率の増加に関連しています。
皮膚症状については、1~2週間ほどで水疱からカサブタができて症状が改善されます。このウイルスの活動に伴う神経痛を帯状疱疹関連痛と呼びます。ウイルスによる皮膚の炎症性変化に伴う初期の段階の痛みを急性期痛といい、ウイルスの活動に伴う炎症によって神経損傷が生じておきる痛みを帯状疱疹後神経痛といいます。痛みの程度は人によりまちまちですが、かなり長期間続くこともあり、継続的な治療を要することもあるのが厄介なことなのです。
また、帯状疱疹は出現する部位によっては合併症を生じる場合があります。顔面に症状が出現すると、目の炎症が生じて視力障害を起こしたり、顔面神経の麻痺を起こしたりすることもあります。陰部に出現すると、排尿・排便障害を生じます。これらの場合、皮膚科のみならず眼科、耳鼻いんこう科、泌尿器科などの他科の診療を必要とします。

原因

帯状疱疹の原因は、幼少期の水痘、いわゆる水ぼうそうにかかることによりヘルペスウイルスの一種、「水痘・帯状疱疹ウイルス」が体の神経節に残存し、長い間潜伏していた後に、身体の免疫機能が変動したり、その他何らかの誘因があったりすると再活性化して発症します。幼少期に水ぼうそうにかかったことがある人なら、誰でも帯状疱疹になる可能性があります。
一般的に高齢者や、過度の肉体疲労やストレス、免疫抑制の治療などにより、免疫力が低下したり、変動したりすることで症状が出る場合が多いとされています。
帯状疱疹の原因ウイルスは、水ぼうそう(水痘)と同じウイルスですので、水ぼうそうにかかったことのない方やワクチン未接種の方にはウイルスをうつしてしまう可能性があり、特に小児の方には注意が必要です。うつしてしまった場合は、帯状疱疹の症状が出るのではなく、水ぼうそうとして出現します。

治療法

帯状疱疹の治療の基本は抗ヘルペスウイルス薬を中心に行われます。抗ヘルペスウイルス薬はウイルスの増殖を抑えることにより、急性期の皮膚症状、神経症状を和らげ、治るまでの期間を短縮します。さらに、合併症や後遺症の発生を抑えることも期待されます。また、必要に応じて、帯状疱疹関連痛に対して消炎鎮痛剤が使用されたり、神経ブロックを導入したりします。
抗ヘルペスウイルス薬には効果発現の早い点滴注射薬との飲み薬があります。一般的には内服薬が適応されることが多いのですが、効果発現まで2日程度必要です。服用開始してすぐに効果が出なくても服薬量を増やしたり、途中で中止したりせずに、指示通りに服薬してください。
抗ヘルペスウイルス薬は、発病早期に服用を開始するほど、治療効果が期待できます。帯状疱疹の特徴的な症状を自覚した場合は、出来るだけ早く医師に相談してください。
帯状疱疹後神経痛に対する治療は消炎鎮痛剤をはじめ、抗うつ薬などにより、痛みを出来るだけ軽くするための治療が行われています。
最近のトピックとしては2016年3月から50歳以上の帯状疱疹発症を抑えるワクチンが認可され、公費接種ではないですが接種できるようになってきています。今後拡大していくことを期待します。

注意点

  • 免疫機能が落ちていることが原因になるので、もし帯状疱疹になってしまった場合は、しっかり休養をとりましょう。帯状疱疹は肉体的にも、精神的にも疲れているときに発症しやすいため、早く治すためにも十分な栄養補給と休養が必要です。
  • 抗ウイルス薬は効果が現れるまで2~3日かかります。すぐに効果が見られなくても、医師の指示に従い服用してください。
  • 幹部が冷えると痛みがひどくなります。患部は冷やさずに、出来るだけ温めて血行を良くしましょう。入浴は積極的におすすめしますが、入浴後は清潔なタオルで軽く抑えるように水気をとり、処方された外用薬を使用してください。
  • 水ぼうそうのリスクを避けるため、小さなお子様や妊婦さんにはできるだけ接触しないようにしましょう。

よくある質問

帯状疱疹を予防することはできますか?
帯状疱疹は水ぼうそうのワクチンを接種することで予防することができます。2016年3月に50歳以上を対象に保険適応になりました。しかし、費用に関しては公的補助がないので自費扱いになります。海外データですが、帯状疱疹予防ワクチンを投与することで帯状疱疹の発症を51.3%低下すると共に、帯状疱疹後神経痛の発症をも66.5%低下できたとの報告があるので、50歳以上の方は一度医師に相談することをお勧めします。
帯状疱疹は家族や周りの人にうつりますか?
帯状疱疹としてはうつりませんが、水ぼうそうとしてうつることがあります。
帯状疱疹は、水ぼうそうのウイルスによる感染症ですが、体内に潜伏していたウイルスが再び活性化することによって起こる病気です。そのため、帯状疱疹として他の人にうつることはありません。しかし、水ぼうそうに対する免疫のない人には感染することがあります。この場合、感染した人には水ぼうそうの症状があらわれます。
帯状疱疹になったら、まだ水ぼうそうにかかっていない小さなお子さんなどにはうつる可能性があるので、なるべく接触は控えましょう。また、妊婦さんの水ぼうそうは重症化することもあるため、水ぼうそうにかかったことのない妊婦さんには接触しないように注意してください。
帯状疱疹は再発しますか?
帯状疱疹は通常ほとんどの場合、再発することはありません。一度帯状疱疹になるとウイルスに対する免疫が強くなるためといわれています。
子供でも発症しますか?
帯状疱疹の発症の一番多い70歳代では年間1000人あたり8.25人ですが、10歳未満でも2.55人の発症の報告があります。

TOPへ