あせも

あせも(汗疹)とは

汗疹は、小児に主にみられる疾患ですが、近年の猛暑と節電ブームの影響で、成人でも 汗疹で悩む人が増えています。主に、夏季に多く、また発熱性疾患の患者や高温環境で作業している人に発症することもあります。症状としては、大量の発汗時に小水疱や小丘疹が出現します。汗が体に蓄積して湿疹を生じ、その部位をひっかくと細菌が増殖して伝染性膿痂疹「とびひ」になりやすくなりますので早めの治療が必要です。
暑い時期になると見られる汗疹は、医学的に3種類に分けられます。

  1. 紅色汗疹(こうしよくかんしん):一般的に”あせも”とよばれる、日常的によく見られる 赤い発疹のことです。小さな赤いブツブツでかゆみがあり、汗をかくとチクチクと刺すよう な感覚やかゆみがあります。
  2. 水晶様汗疹(すいしようようかんしん):白いあせもとよばれ(透明のこともあり)、直 径1~3mm程度の小さな水ぶくれがたくさんできます。かゆみがないなど自覚症状が少な いため、数日のうちに自然に消失することが多いです。
  3. 深在性汗疹(しんざいせいかんしん):赤み、かゆみはほとんどありません。皮膚の深い部分で起こる発汗後の反応で、白っぽく扁平な丘疹もありますが、体内に熱がこもって熱中症を引き起こすことがあります。亜熱帯地方などに多く、沖縄地域以外の日本ではあまり見ることはありません。

原因

大量に汗をかいたときに何らかの要因で皮膚表面にある汗管が詰まり、周囲の皮膚内に汗が漏れ出て出現する症状を汗疹といいます。
元来汗には、体温調節をする大切な働きがあります。汗は分泌されると、皮膚の表面ですぐに蒸発するので水分として見えないことがほとんどです。運動や暑い外気に触れるなど、体内で熱が生産されたときに、体外へ汗を出して、気化熱を利用して皮膚表面から熱を放出し、 体温を一定に保っているのです。高温の場所に居続けたり、激しい運動により、大量の汗をかき続けたりすることで、汗の出口が詰まってしまい、出口から外へ出られなくなった汗は、表皮にある0.2mmほどの膜のなかに貯まっていきます。汗には、ミネラルなども含まれていますから、貯まった表皮で炎症が起こり、汗疹となってしまうのです。
また、湿布、包帯、ギプス、絆創膏、通気性の低い衣類の着用なども、汗管がつまりやすくなって汗疹ができやすくなります。
人間の体には汗がつくられる汗腺が約230万個あるとされていますが、大人も子どもも同じ数です。つまり体の小さな子どもでは、大人に比べて汗腺の密度が非常に高いため、あせもが発症しやすい状況にあるといえます。
汗腺はほぼ全身に分布していますが、特にあせもができやすいのは、首まわりやわきの下、 ひざの裏やひじの内側、お腹まわりや足の付け根などです。女性なら乳房の下にもできやすくなります。いずれも、汗をかきやすく、熱気や湿気がこもりやすく、皮膚がこすれて摩擦を受けやすい場所によくできます。

治療法

水晶様汗疹に対しては特に治療はせず、ローションタイプの保湿剤を使用するスキンケアと環境改善のみで自然と2~3日で軽快するのを待ちます。しかし汗が出たらこまめに拭き取らないと再発を繰り返します。紅色汗疹に対しては、湿疹から膿痂疹に悪化する可能性が あるため、弱めのステロイド外用剤を使用して炎症性変化を鎮めるほうが良いと思われます。痒みが軽い場合はローションタイプの保湿剤を使用するスキンケアで様子観察が良いです。

注意点

  • 汗疹を予防するために、お子様の衣類は少な目に、大人より1枚少ないくらいを目安にしましょう。
  • 室内の温度・湿度を快適に保ち、夏の暑い時期は、「自然の風」にこだわる必要はなく、適度にエアコンをつけて汗をかきすぎない環境を整えてあげましょう。
  • 肌に直接触れるものは綿を主体とする肌に優しい通気性のいい素材のものがよいでしょう。
  • 入浴の際は、しっかりと皮脂や汗を洗い流すことが大切ですが、激しくこすらないようにしてあげてください。
  • 汗疹ができてしまった場合、かゆみで引っ掻いてしまわないよう、特に赤ちゃんにはミ卜ンをつけて肌を守るように注意しましよう。
  • 汗疹を放置して引っ掻いたりすると、皮膚表面の細菌が増殖して伝染性膿痂疹(とびひ) やエツクリン汗孔炎(あせものより)を形成してしまいます。

よくある質問

あせもは、どうすれば予防できますか?

こまめに汗をかいていないかチェックし、汗をかいていたら、すみやかに汗を拭くなどしましよう。肌を清潔にすることが一番の予防になります。拭くだけでなく、シャワーで体を洗い流すのも効果的です。夏場なら1日に数回、浴びせてもいいでしよう。ただし、石けんを使うのは1日1回で十分です。石けんを使いすぎると、汚れだけでなく必要な皮脂も落としてしまい、かえって肌トラブルになりかねません。
また、体の汗をしっかり吸収する衣類を選ぶことも予防策のひとつです。「どうせ汗をかくのだから」と裸のままで過ごしたり、ノースリーブを着せたりするのはおすすめできません。 汗をかかせすぎない配慮も大事です。夏場はエアコンを上手に利用して、快適に過ごせるように工夫しましよう。最近では、部屋の暖めすぎや着せすぎによる冬場のあせもが増加しています。夏は28度、冬は18度前後の室温を目安にしましょう。

TOPへ