診療時間・休診日

042-398-7677 042-398-7677

MENU

手足ロ病

手足ロ病(てあしくちびよう)とは

手足ロ病は、ロの中や、手足などに水疱性の発疹が出る感染症です。コクサッキ一ウイルスやエンテロウイルスなどの感染によって起こり、子どもを中心に主に夏季に流行します。感染経路としては、飛沫感染、接触感染、糞ロ感染(便の中に排泄されたウイルスがロに入って感染すること)などが知られています。特に、この病気に罹りやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは集団感染が起こりやすいため、注意が必要です。
症状としては、感染してから2~5日後に、ロの中、手のひら、足の裏や足背などに2~3mmの水疱性発疹が現れます。発熱は約3分の1に見られますが、ほとんど高熱はでません。多くは1週間程度で治ります。
基本的には症状の軽い病気ですが、まれに髄膜炎や脳炎など中枢神経系の合併症などがおこる場合があります。特に乳幼児が感染した場合は、よく観察してあげることが大切です。

治療法

手足口病に対する特効薬はありませんが、口内炎に対して鎮痛薬で痛みを和らげたり、粘膜保護剤の軟膏などを処することがあります。
口腔内やのどに痛みがあるので、オレンジジュースなどのような刺激のあるものは避け、のどごしの良い少し冷たい飲みものがおすすめです。(例えば、麦茶や牛乳、冷めたスープなど)
食べものは、刺激が少なくかまずに飲み込めるものにしましょう。(例えば、ゼリーやプリン、冷めたおじや、豆腐など)

注意点

症状経過以後もウイルスは咽頭から1~2週間、便からは3~5週間排泄されて人に感染する可能性があるので、長期間手洗いによる感染予防を励行して下さい。
この疾患はあまり心配はいりませんが、発疹の初期2~3日は症状に注意し、元気がない、 頭痛や嘔吐、高熱が2日以上続く場合は慎重に対処する必要があると思われます。

よくあるご質問

どんな症状がみられたら受診したほうがいいですか?
稀に髄膜炎や脳炎など、中枢神経系の合併症などが起こるケースがありますから、高熱が 出る、発熱が2日以上続く、嘔吐する、頭を痛がる、視線が合わない、呼び掛けに応えない、呼吸が速くて息苦しそう、水分が取れずにおしっこが出ない、ぐったりしている、などの症状が見られた際は、すぐに医療機関を受診しましよう。
手足ロ病はいつ頃流行するのですか?
毎年、夏を中心に発生し、7月下旬頃に流行のピークを迎えます。手足ロ病は、そのほとんどが軽症で治りますが、重症化する割合が高いタイプの手足ロ病もありますので、しっかりと経過観察をすることが大切です。
手足口病と診断されたら、学校や保育施設はどのくらい休まなければいけませんか?
手足口病は、症状が治まってからもしばらくウイルスの排出が続くうえ、症状がなくても気づかないうちに感染しているケースもあります。こうしたことから、発病している間だけ学校・保育施設を休ませてもあまり効果的な予防にはならず、インフルエンザやおたふくかぜなどのように登園・登校に関して法で定められた規則はありません。患者の全身状態が安定していれば登校・登園は可能ですが、学校や保育施設によっては独自の基準を定めていることもあるため、施設側に確認するのが望ましいでしょう。

TOPへ