診療時間・休診日

042-398-7677 042-398-7677

MENU

粉瘤

粉瘤

粉瘤とは「表皮のう腫」とも「アテローマ」とも呼び、皮膚に接するように生じる袋状のおできで、多くは毛包とつながっています。一般的に「しぼうのかたまり」と呼ばれることもありますが、本来皮膚から剥がれ落ちる垢(角質)と皮膚の脂(皮脂)が袋状のおできの中に堆積していきます。脂肪細胞が増殖してできた脂肪腫とは全く異なるものです。外表面からはドーム状の盛あがりができ、数ミリから数センチに緩徐に増大します。身体のどこにでもできますが、顔、首、背中、耳のうしろなどにできやすい傾向があります。
その盛り上がったおできの中央付近に毛包の開口部があり、時にその開口部から溜まっている臭いのする角質成分が排出することがあります。細菌感染や袋自体の破裂にて炎症を生じた場合は炎症性粉瘤、感染性粉瘤、粉瘤の2次感染と呼び、切開術などの医療行為が必要になります。
多くの場合、良性の腫瘍に分類されるため無理に提出する必要はありませんが、そのまま放置すると徐々に大きくなたり2次感染を生じる事があるので摘出術をおすすめすることが多い疾患です。また、似て非なる腫瘍も多くあるため自己診断は非常に危険で、是非とも皮膚科専門医の診察お勧めいたします。

原因

粉瘤ができる原因ははっきりとしたことはわかっていません。
一部の粉瘤ができる原因として、外傷やニキビ跡、ウイルス感染等の原因があるとされています。外傷によって、皮膚の一部分が傷の中に埋め込まれてしまい、それが粉瘤になるケースがあります。

治療法

強い炎症を伴ったり、排膿したりした場合は速やかに切開して炎症の原因部分の排出を促します。
特に炎症性変化や痛みを伴っていない場合は、外科的摘出術(メスを使ってアテロームを表面の皮膚ごと切り取って縫ってしまう)をすることになります。巨大ではない限り局所麻酔での日帰り手術になります。
「くり抜き法」という簡単な手術法もあります。手術というと、女性ならずとも手術後の傷あとが気になるところです。粉瘤の手術では、表面皮膚の切開は最小限にして、皮膚の下のアテロームのみを摘出することも可能ですので、皮膚の傷あとは小さく目立たなくすることができます

よくある質問

粉瘤と脂肪腫は違うものなのですか、また悪性化(がん化)することはありませんか?
脂肪腫は脂肪細胞の増殖によって生じるかたまりであることに対して、粉瘤は皮膚から出る角質のかたまりである点で異なります。また皮膚のどこにでも現れる点も異なります。粉瘤自体悪性化するケースはほとんどありませんが、粉瘤ががん化したケースは報告されています。
粉瘤は自然に治ることはありますか?
粉瘤は自然治癒しません。粉瘤は、皮膚の下に袋状の構造物ができ、その内部に老廃物が溜まり、しこりになる疾患です。
このしこりの中心に黒い点状の穴ができることがあります。仮に、この穴から中の老廃物を排出し、見た目上は膨らみがなくなったとしても、袋を取り除かなければ再び老廃物が溜まり、完治することはありません。
その為、黒い点が見える、臭いがするといった症状がありましたら、皮膚科専門医に相談することをお勧めします。
粉瘤を取った後、再発することがありますか?
摘出法、くりぬき法で粉瘤を取り残し無く摘出した場合、再発の心配もまずないと考えられます。まれですが、炎症を何度も繰り返している粉瘤の場合、粉瘤の内容物があちこちにあり、粉瘤をすべて取り切れない可能性はあります
取り残してしまった場合、数年後に再発する可能性はあります。その場合、再治療の必要性もあります。

TOPへ