薬疹

薬疹とは

薬疹とは、病院で処方された薬や市販されている薬の使用にて発疹が出た場合、その発疹をいいます。ここで薬とは内服薬、塗り薬、湿布などの貼付薬などを含みます。
内服薬は漢方薬などの生薬でも、市販のサプリメント、健康食品などでも発症することがあります。
薬の使用から薬疹の発症までの時間には、短時間ものの場合もあれば数週間経過した後の場合もあります。一般的には初めて使用する薬剤の場合は発症まで時間がかかることが多い傾向がありますが、以前使用したことがある薬剤の場合はすぐに発症することがあります。
薬疹の症状はその現れ方に多様性があり、通常の皮膚病との区別が困難な場合が多くなります。薬剤を特定するのはそれまでの当該薬剤や類似薬の使用歴が大切な情報源になりますので、日頃からお薬手帳などを用いてご自分の服薬歴や外用薬使用歴を記録しておくこと、過去に薬疹と診断されたり、薬疹の疑いがあったりした場合は、その薬剤の種類や名前をお薬手帳に記載しておくことも大切です。
薬疹の中でも重症の薬疹とされているものに、中毒性表皮壊死症、スチーブンス・ジョンソン症候群があります。これらの重症薬疹では、原因となった薬を中止しただけで良くならず、どんどん悪化しますので、早く対応することがとりわけ重要となります。

原因

使用した薬剤の薬理作用によるものや、アレルギー反応で生じるものが原因です。
原因となる薬剤は医療機関で処方される抗菌薬、解熱剤、消炎解熱鎮痛剤などが比較的多いのですが、市販薬でもサプリメント、ビタミン剤、漢方薬などでも薬疹が発症することが知られています。
薬剤使用したごく一部の人に生じるアレルギー性薬疹が問題となります。ある特定の薬品に対して反応するような細胞や抗体がある人(これを当該薬品に対して感作された状態と呼びます)にのみ生じます。
また、薬剤とウイルス感染が同時に作用して生じる薬疹として薬剤性過敏症症候群もあり注目を集めています。

治療方法

薬疹が疑われたばあいは薬剤の使用を中止することが原則です。ほとんどの薬物反応は中止すると消失します。
症状が全身症状を伴わない場合は抗ヒスタミン剤およびステロイド外用薬で症状の沈静化をはかります。
全身症状を伴う場合は点滴治療や入院治療をします。

注意点

系統の同じものを投与した場合、薬の種類が変わっても、交叉反応をおこして薬疹がでてしまうことがあります。
原因と疑われる薬剤を絞りこんだ後投与を中止しますが、それでも薬疹の症状が良くならない場合は、全ての薬を中止する処置をすることがあります。

よくある質問

薬疹は他人にうつるものですか?
薬疹は薬に対するアレルギー反応なので、他人にうつることはありません。しかし感染力が高い感染症による皮膚症状を薬疹と勘違いされた場合もありますので、皮膚症状が薬剤によるものかどうか、正確に判断する必要があります。
薬疹は遺伝するものですか?
家族に薬疹の症状がある場合、子供も同じ系統の薬剤で薬疹が発現する可能性があります。
特に抗生物質の薬疹が出る人はその傾向が強いようです。
薬疹が重症化するとどうなりますか?
薬疹の中で、口や目のまわりに症状が現れたり、発熱や水ぶくれが見られたたりした場合は重症化のサインとされています。重症例では、肝機能障害や腎機能障害、ときには肺炎などを合併することがあります。後遺症が残る可能性があるので、先ずは薬疹の原因となる薬を特定しておくことが必要です。

TOPへ