診療時間・休診日

042-398-7677 042-398-7677

MENU

たこ・魚の目

たこ・魚の目とは

手や足裏の皮膚の一部が硬く盛り上がった状態です。正式には「たこ」は胼胝、「魚の目」は鶏眼といいます。
「たこ」と「魚の目」の判別法は、「たこ」は角質が表面に厚く増殖するので痛みは殆ど無いのに対し、「魚の目」は奥に食い込む ‘芯’が当たって痛くなる点です。
両方とも皮膚に荷重がかかる部分にできるため、手をよく使う人は手のひらや指など、ハイヒールや足先の狭い靴のような負担のかかる靴を日常的に履く人などには、足先や足裏にできてしまう場合が多いです。

原因

ほとんどの場合、主に足に変形があったり、足の形に合わない靴を履いていたり、つま先から着地するなど、足の一部に局所的に長時間圧迫、摩擦を受けるような歩き方をしたりしていることが原因とされています。これは表皮の一番外側の角質層がケラチンというタンパク質を余分に作り出し、圧迫や摩擦を受けているところを厚く覆って守ろうとする体の防御反応によるものです。その角質が骨と骨の間のようなやわらかいところにできるのが魚の目で、硬い骨の上にできるものがたこです。また、防御反応で皮膚が通常より厚く硬くなったものなので、水虫のように菌による感染症ではなく、人にうつりません。

治療法

治療法のご入力をお願いします。

注意点

  • うつる病気であるウイルス性いぼとの区別が重要です、判別がつかない場合皮膚科の受診をお勧めします。
  • タコや魚の目は、体重のかかる部分や持続的に外力の加わる部分に出来ます。
  • 足の裏は特になりやすい場所です。足の形に合った靴や中敷きを使いましょう。

よくある質問

魚の目やたこにならないためには、どうしたらいいですか?
魚の目やたこの原因である「一部の場所の皮膚への継続的な刺激」は、窮屈な靴、長時間の歩行、足の変形、歩き方の異常、年を取ったり病気などによって脂肪組織が減少したり、浅い所に固い骨や関節があるなどのいろいろなことで生じます。このような圧迫因子を見つけて、可能な限り除去することが予防と治療の両方にとって最も大切です。圧迫の原因が除去されない限り、治療を続けても中々治らないばかりでなく、一度治っても必ずと言っていいほど再発するからです。不適切な靴が原因のことが多いため、皮膚科で魚の目やたこと診断がついたら、治療の他に専門の靴屋さんに相談し、自分の足に合った靴を探すことをおすすめします。
魚の目やたこの市販薬が売られていますが、自分で治療しても大丈夫ですか?
魚の目やたこは、ありふれた皮膚病ですが区別がつきにくいことや、他の皮膚病も併せて罹患している場合もあります。例えば、足の裏の悪性腫瘍を魚の目と自己診断して、自分で治療しているうちに進行させてしまった方や、魚の目を自己治療していて化膿させてしまった糖尿病患者さんもいます。ですので、自分で判断できない場合は皮膚科を受診することをおすすめします。

TOPへ