シミ

シミとは

老人性色素斑、そばかす、肝斑、ADMなど様々な種類があります。老人性シミ(日光黒子、老人性色素斑)から老人性いぼ(脂漏性角化症、老人性疣贅)ができている場合もよく見られます。シミに悩む方は単体のシミだけではなく、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)、肝斑が混ざった状態のことも多く、順を追って治療していく必要があります。

シミの種類

  1. 老人性色素斑
    老人性色素斑とは繰り返し紫外線を浴びるなどして皮膚のメラニン細胞が活性化し、過剰なメラニンを作る事で発生します。その為、日光に当たりやすい頬、こめかみ、手の甲などに見られやすいです。出産後や、20代後半頃から現れたりします。シミの中では、一番レーザーや光治療の反応が良く、取れやすいのが特徴です。

  2. そばかす
    正式には雀卵斑(じゃくらんはん)といい、肌表面にできる小さなポツポツとした茶色い斑点のことです。紫外線以外に、遺伝的要因もあります

  3. 肝斑
    一般的に30代から40代の女性に多くみられる薄茶色のシミで、通常のシミとの大きな違いとしては、肝斑の場合顔のほぼ左右対称に現れるところです。肝斑は目立つ部分にできてしまう上、ご自身でのケアや改善が非常に難しいシミの一種になります。

  4. ADM
    正式名称は「後天性真皮メラノサイトーシス」と呼ばれます。
    斑状で暗めの茶色~暗めの青に見えるシミに見えますが、あざの一種です。主に両頬にできますが、こめかみあたりや、小鼻の上などにもできることがあります。表皮ではなく、より皮膚の深層に色素細胞がみられるので、強めのピコレーザーによる治療が有効です。肝斑と混在している場合は、出力の強いレーザーを使用すると肝斑を悪化させる可能性があるので、肝斑の治療を優先いたします。

治療法

隆起性のシミは炭酸ガスレーザーで削って縮小させたり、液体窒素で冷凍凝固除去させたりします。平坦なシミはQスイッチレーザー、ピコレーザー治療が主流です。部位や程度により光治療やレーザー治療の選択枝が異なります。肝斑治療は主に内服治療になりますが、ピコレーザーのトーニングも効果あります。

施術の流れ

  1. 皮膚科専門医が、一人ひとりのシミの症状に合わせ、ダウンタイム・予算を考慮した最適な治療法をご提案いたします。
  2. シミの状態変化を記録する為、お写真を撮らせていただきます。
  3. 施術を行います。
  4. 施術が終了後、ご希望に応じてスタッフよりスキンケアについてアドバイスをさせていただきます。

注意点

  • シミの種類や、患者様がどのくらいのスパンで治したいのかよって最適な機器が異なります。
  • 治療方法により、施術後のケアが異なります。診察時にご提案いたしますので、ライフスタイルに合わせた治療をお選びください。

よくある質問

1回の治療でよくなりますか?
当院では、多数のレーザー機器や治療法を用いてシミ治療を行います。シミの種類によっては1回できれいになる治療もありますし、継続的な治療、ケア必要なシミもあります。当院ではシミの種類、患者さんのご希望に沿った治療法を提案いたしますのでシミにお悩みでしたら一度カウンセリングを受けることをおすすめします。

TOPへ