小児皮膚科

オムツかぶれ

排泄物によってオムツの中がむれや、オムツ自体との摩擦によって起こります。オムツをしている赤ちゃんの股間やおしりに赤い発疹やブツブツが出てきるのが特徴的な症状です。刺激のないワセリンなどで皮膚を保護することで治療を行います。通常オムツをこまめに取り換えてあげることによって症状は治まりますが、治りが悪ければカンジダ症など疑われます。その場合は適切な外用剤に変更いたしますので、赤ちゃんのおむつかぶれの治りが悪いという方はご相談ください。

乳児湿疹

乳児湿疹とは、乳児期(0~1歳)にできる皮膚炎の総称です。乳児は、抵抗力が弱いために大人よりも一般的に肌のトラブルが多いものです。乳児湿疹の症状としては、皮膚がただれたり、赤いブツブツやカサカサが出てきたりするなど、さまざまなタイプがあります。この場合の治療は、保湿ケアを中心に保湿剤(軟膏、クリーム、ローション)、非ステロイド外用、ときにステロイド外用など、外用治療が主に行われることになります。また、なんども同じ症状を繰り返す場合には、生活改善が必要な場合もあります。

とびひ

とびひは俗称であり、医学的には伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)と呼ばれています。原因は連鎖球菌や黄色ブドウ球菌という細菌による感染症です。幼稚園など、幼少児の間で流行することがあり、その場合は患部に水ぶくれやかさぶたができ、次第に拡大し身体の別な部位に出現してきたりします。特徴的な見た目であるため、すぐに気づく親御さんがほとんどです。とびひの治療は細菌を抑えるための抗生物質内服が肝要です。そこに補助的に炎症を抑えるための塗り薬などを加えて治療します。

水いぼ

水いぼは俗称で、医学的には伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)と呼ばれています。見た目は、皮膚と同じ色の直径1mから3mくらいで丸い形をしていて真ん中少し凹んでいるのが特徴です。通常は放置しても自然治癒します。当院では局所麻酔のシールを貼った後のピンセットで除去したり、内服薬を服用したりしてもらうなど、状況に合わせて適切な治療をしています。

リンゴ病

左右の頬に強い赤みのある紅斑が出るので、リンゴ病ともいわれていますが、伝染性のあるウイルス性疾患です。リンゴ病の初期症状は微熱・くしゃみ・鼻水などの風邪に似たものなのでこの時点では気づかれないことも多いです。その後2日ほどで発疹が頬や関節周辺に現れます。症状自体は1週間ほどで収まりますが、伝染力は保持しています。二次感染の拡大を防ぐためにも大事をとって学校や幼稚園を欠席させて様子を見ましょう。

診療状況(予約システムサイト)初めての方へ
シミ・シワ・ ニキビ跡など 美肌治療エンビロンで美肌エステ
巻き爪治療 抜け毛・薄毛が気になる方
無料メール相談はこちら
さかき通信 スタッフブログ
Facebook Twitter
エンビロン お会計は1万円以上でご利用いただけます。